JA’s 1 year in PwC Kyoto新人の一年

Career topics一年目のキャリアトピックス

クリックするとリクルート委員の体験談に飛びます。
12
Job Training研修
入所して最初の研修では一カ月間徹底的にPwC Auditを学びます。PwC独自の監査ツールの研修や、事例を使った調書の書き方など内容は難しいものもありましたが、監査の現場では研修で学んだことが大前提になるので、必死について行きました。研修の後はよく飲みに行き、同期との絆を深めました。
1
First
Visiting Audits
初往査
初往査での初仕事は名刺交換です。研修で教わった通りに上手にできたかな?1月は第3四半期レビューで、先輩に教わりながら監査手続を行います。分からないことばかりで不安でしたが、先輩がとても親切に教えてくれました。お昼は近くのイタリアンでおいしいパスタを食べました。

3
Inventory Observations棚卸立会
監査法人のスタッフは期末近くの棚卸基準日になると、渡り鳥が羽ばたくように事務所から地方の工場・倉庫へと出発します。工場・倉庫では会社の実地棚卸が適切に行われているかどうか、立会によって確認します。会社の業務を直接肌で感じることができ、会社の真の理解への礎になります。
4
Busy Season繁忙期
日本の会社は3月期決算が多いため、4月・5月は常に誰かが事務所で夜遅くまで仕事をしています。初めての繁忙期は残高確認が大変でした。作業は単純ですが、責任重大な手続きの一つです。全員が忙しいこの時期の楽しみは夜食や作業合間のおやつタイムです。ちょっとしたリフレッシュになります。

8
Summer
Vacation
夏休み
監査法人では繁忙期は頑張って働いて、休む時はしっかり休むといったように、時期によってオンとオフの使い分けを上手にする人が多いです。夏の長期休暇を利用して旅行に行ったり、実家でのんびりしたり、各々プライベートを楽しみます。

10
Interim Audit期中監査
期中での業務は四半期レビューやPL項目のテストなどさまざまありますが、メインは内部統制監査です。内部統制監査は、業務の中でも最もクライアントの方とお話しする時間が長く、日々のクライアントの業務を知ることができます。業務内容を理解し、その上で様々な提案をしていきます。

12
Year-end Party忘年会
一年間お疲れさまでしたの気持ちを込めて、毎年各事務所で忘年会を開催します。普段はなかなか会えない違う監査チームのメンバーとも久々に集まることができ、より一層交流が深められる貴重な時間です。