PwC京都監査法人 RECRUIT 2021

代表メッセージ

監査人というのは、
企業の医者のようなものである

企業というのは生き物です。人間のようでもあります。
内部統制は免疫に似ていますし、経営は頭脳、ITは神経のようにも思えます。
監査というのは財務諸表を対象にしているようで、実はその奥の企業そのものを対象にしています。
監査人というのは、企業の医者のようなものであると思っています。
健康診断に医者の診察があるように、プロフェッショナルの診察が監査にも、いや監査だからこそ必要なのです。
そのためには動いている企業の生きざま、構造をよく理解することが求められています。
生き物である企業の特徴は、お互いにつながっていることです。

READ MORE

実際に働くメンバーの声をお届けします。
座談会やインタビューから、PwC京都監査法人の仕事のスタイルを知り、雰囲気を感じてください。

新人の1日

PwC京都監査法人の「現在」を数字でご紹介します。
所員同士が尊敬し合い、つながり合い、充実した日々を積み重ねてきた結果です。

人員数推移

0

女性比率

0%

携帯端末貸与率

iPad・iPhone

0%

フレックスによる時間変化
在宅勤務による
移動時間削減

0

0

連続有給休暇
取得日数

0

年間研修時間
(全職員平均)

0.5時間

Assurance 1
(新J1研修)時間

0時間
20分

新J1平均
クライアント数

7