Working Style先輩に聞く仕事のスタイル

主に上場支援を担当している川本さん。
業務の難しさ、やりがいについて教えてください。
私たちが上場支援するクライアントというのは、当然ながら上場の経験がないため、どの水準を目指せばよいのか、何をすべきかなどわからないことがたくさんあり、会計や内部統制についてサポートが必要な部分が多くあります。ですから、ただ要望を実現するだけでなく、これまで私たちがさまざまな企業の上場支援を行ってきた知識や経験をもとにアドバイスします。経験を積むほど、より視野の広い提案ができるようになる仕事です。
上場というものは大抵が思った通りに行かず、いろんな課題に直面するものです。しかしそんな時でも私たち会計士ができることは支援することだけで、実際に最前線で頑張るのはクライアントです。クライアントをバックアップしながら一緒に解決を目指す、そこに難しさとやりがいを感じます。クライアントと気持ちをあわせてスムーズにプロジェクトを遂行するには、やはり日頃のコミュニケーションが欠かせません。私は信頼関係を築くために、とにかく日々の対応を丁寧にすることを心がけています。電話がかかってきたらすぐにとる、質問に早いレスポンスを返す、頻繁に状況を確認するなど、あたりまえのことをきちんとするようにしています。ホームランは打てないけど、ヒット量産型ですね(笑)。そうやってクライアントと非常に近い立場に立ち、共に困難を乗り越え、共に成長していく過程がとても楽しいです。
現場を取り仕切るマネージャーとして、日々どんなことを心がけていますか。
マネージャーは、プロジェクトの全体像を描くパートナーの意図を汲みながら、現場で具体的な業務を進めていく現場責任者です。パートナーとクライアント、パートナーとスタッフの中間に立ってプロジェクトを管理する役割を担っています。クライアントの現状を一番知っている立場でもあるので、設定したゴールをよりクライアントの現状に沿った形にするために、パートナーと何度も議論を重ねながらすり合わせて、それをクライアントに伝達するということも多いです。
スタッフのマネージメントについては、最初に一人で考える時間を与えます。というのも、私たちは試験に受かった瞬間から専門家なのです。専門家である以上、やはり自分の考えはどんな年次であれ持っておくべきだと思うので、すぐに手取り足取り教えるのではなく、まず各自に考えてもらうようにしています。その分、一人ひとりが今何をしていてどういう進捗なのかには常に気を配り、パソコンの前で考え込んでいたら声をかけ、クライアントと会話している時には極力耳を傾けるようにして、必要なアドバイスをするよう心がけています。
3人のお子さんのパパでもある川本さん、
仕事と家庭はどう両立されているのでしょうか。
日頃は育児を手伝うことができないので、家に帰ってからは妻の話をよく聞くようにしていますね。日々の対応を丁寧にして、何とか信頼関係が築けるように努力しているつもりです(笑)。
京都から東京に異動されたのはどうしてですか。
京都にいた頃から出張で東京のクライアントにも関与していました。新しい環境での挑戦には興味がありましたので、5年前に京都オフィスから東京オフィスに異動しました。東京も京都も仕事内容としてはあまり変わりないですが、東京オフィスは組織としてまだまだ若いので、パートナーとの距離も近く、やりたいことが伝わりやすいのが楽しいです。
Index of Interview